インソールについて

〈インソールの目的〉
 インソールは靴の中敷のことです。
 人間は2足歩行のため、歩行等の移動の際には、足底で床面から受けた力を全身に伝達することになります。インソールに凹凸を作り形状を変えることで、足から全身へと伝わる力の方向を変化させ、身体動作を誘導します。
 そのため、当院のインソールは市販で販売しているようなフィット感を改善することが主な目的ではありません!!日常生活での動作やスポーツでの動作などにおいて関節や筋肉の動きの効率が悪くなることで、関節にストレスとなる動きが無意識に生じます。
 当院で作成しているインソールは理学療法士があなたの動作を評価し、あなたの身体に合った効率の良い動きを誘導することで、痛みの原因となっている関節の動きや筋肉の緊張を改善することを目的としています。
 よって、床面に接している足部の障害だけでなく、膝・股関節・腰部といった下肢や体幹を中心とした様々な部位にも適応します。

〈インソール作成の流れ〉
1. 医師によるリハビリの処方
2. 理学療法士による全身状態の評価
  動作の評価により、痛みの状態を評価します。

3. 足部・靴の形状評価
     インソールの作成のために、足の大きさや指標とする骨の位置を確認します。
4. テーピングやパッドによる動作の評価
テーピングなどで身体の動きを誘導しながら歩行等の動作を評価し、インソールの形状を決めていきます。
5. インソールの研磨
     インソールのベース板を、評価した形状に研磨します。
6. 実際に履いていただいての確認
7. お渡し

※ お渡し後も、痛みの程度や動作の変化に応じて、インソールの調整をするなど、リハビリにてフォローを行います。

〈料金について〉
 インソールは装具であるため、療養費支給申請を行うことができます。よって保険適用となり少ない負担で購入していただけます。
 療養費支給申請は義肢装具会社に一度全額をお支払いいただき、健康保険組合などの支払基金に診断書(当院から)と領収書(義肢装具会社から)を提出して手続きを行っていただきます。
例)保険負担3割の場合:約5400円の自己負担,保険負担1割の場合:約1800円の自己負担
 その他にも、診察やリハビリで評価を行うための負担が発生します。