診療内容

当クリニックでは、以下の診療をおこなっております。

・一般整形外科
・骨粗鬆症
・関節リウマチ
・ロコモティブシンドローム
・禁煙外来
・湿潤療法
・その他

一般整形外科では、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉などの運動器に関わる疾患や外傷についての診療をおこないます。 おもに、骨折、脱臼、靭帯損傷などの急性期の外傷や腰痛、肩こり、五十肩、関節痛、手足の痛みなどの慢性疾患、骨粗鬆症などの治療が含まれます。

ロコモティブシンドローム(ロコモと省略する場合があります)

ロコモティブシンドロームとは、運動器症候群のことです。
これは、運動器の障害により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。
運動器の障害の原因は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、加齢に伴う様々な運動器自体の疾患のことで、たとえば老化に伴う変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、あるいは関節リウマチによる関節の変性などを指します。
2つ目は、加齢による運動器機能不全のことです。筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがあげられます。運動不足になると、運動機能の低下が起こり、容易に転倒しやすくなります。 
これら2つの原因を引き起こさないためにも、なるべく早い段階での予防が大切です。予防の1つとして重要視されているのがリハビリ、運動療法です。理学療法士のもとで、正しい知識を身につけ、運動をおこなうことがとても大切になってきます。
当院では、運動療法に力を入れて取り組んでおりますので、ロコモになりたくない!!とお考えの方や、あれ?もしかしたら・・・というお悩みでも、何でもお気軽にご相談ください。

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。骨粗鬆症は、骨代謝のバランスが崩れることで起こります。骨代謝とは、骨が新しく作られること(骨形成)と、古くなった骨を溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返して健康な骨を維持します。しかし、加齢や女性ホルモンの減少等により、この骨代謝のバランスが乱れると骨粗鬆症になってしまいます。
骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。
骨粗鬆症の症状は、痛みなどの自覚症状がないのが普通です。しかし、転倒や打撲などのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、せぼね(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。
骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなります。また、背中や腰が痛くなった後に、丸くなったり身長が縮んだりします。
骨粗鬆症の診断は、骨密度測定装置(MD法、DXA法)、採血、採尿などでおこないます。
当クリニックでは、骨密度を測定するDXA装置を置いています。この機械は、他のクリニックや病院にはあまり置かれていないもので、非常に精度の高いものです。骨密度が少しでも気になる方、また、年齢的に心配な方、心配してないけど周りから進められるという方、どなた様もお気軽にご相談ください。

関節リウマチ

関節リウマチとは、関節内に存在する滑膜という組織が異常増殖することによって関節内に慢性の炎症を生じる疾患で、進行すると関節が破壊され様々な程度の機能障害を引き起こします。
関節症状に加えて貧血や微熱、全身倦怠感などの全身症状を合併することもあります。
主な症状は、手や足の関節の変形です。最初は両方の手や足の指の関節が対称的に腫れて、とくに朝、こわばるようになります。また、人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、水が溜まり、動きにくくなり、痛みのために日常生活に困難をおぼえるようになります。
どの年代でもおこりますが、特に30~40歳代の女性に多く発症します。軽症の人もいれば重症の人もいて症状も多彩です。
診断方法は、採血とレントゲンです。関節リウマチは、早期の診断と治療が必要です。
治療は薬物療法が基本であり、抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本として、症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤が用いられます。補助療法として、ステロイド剤やヒアルロン酸製剤の関節内注射が行われることもあります。リハビリテーション・理学療法も有効です。
何か気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

禁煙外来

禁煙外来とは、指定の医療機関でおこなう禁煙するための外来のことです。
禁煙したいけどなかなか止められない、禁煙に何度も失敗している、家族から進められるなど、禁煙への意欲が少しでもあれば、まずはご相談ください。
健康保険等を使った禁煙治療を開始する場合には、12週間で5回の診察を受けます。
診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。
「お医者さんと禁煙」すれば、楽に禁煙することができます。

禁煙治療に健康保険等を適用するために必要なことは以下のとおりです。
前回の治療の初回診療日から1年経過していること。過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。

湿潤療法

湿潤療法とは創傷部位を乾かさないようにすることで、痛みを軽減し、傷を早く治し、傷跡も残りにくくする治療法です。
創傷部位より出てくる体液を保持することで、体液中に含まれる各種細胞増殖因子(細胞の成長や再生を促す成分)の働きを促し、人間が本来持っている自然治癒力を引き出す治療法なのです。
当院では各種最新の被覆剤を取りそろえ、患者様ひとりひとりにあった湿潤治療を提供しております。お気軽にご相談ください。


院内設備

レントゲン撮影

デジタルX線画像診断システム 画像

新しいデジタルX線画像診断システム(CR)を導入しています。
X線写真が高画質化されることにより、より正確な診断ができます。

骨密度測定

DXA装置(DCS-900FX) 画像

骨密度の測定には、腰椎と大腿骨を測定するDXA装置(DCS-900FX)を導入しています。
こちらの装置は、骨密度測定で重要視される腰椎・大腿骨・前腕の測定に対応しています。
腰椎測定:約40秒※ 大腿骨測定:約20秒 という短時間で測定でき、被験者への負担を軽減することができます。※腰椎測定時:標準モードによる
他のクリニックではこの装置を置いているところが少なく、骨密度測定が簡易的なものとなる場合が多いので、当院ではより正確な骨密度を測定することが出来ます。

エコー(超音波)検査

超音波画像診断装置「UF-760AG PaoLusTM」 画像

超音波診断装置は医療において無くてはならない物となっています。
当クリニックでは、高性能な超音波画像診断装置「UF-760AG PaoLusTM」を導入しています。
動かしながらリアルタイムで運動器構成体を観察することが可能で、痛みなく非侵襲的に検査ができます。

CT、MRI検査

当院連携の施設へご紹介後、撮影してきていただきます。