MENU
リハビリ
REHABILITATION
リハビリ
当院では、リハビリテーション専門の国家資格を持った理学療法士が常駐しております。同じ疾患でも個人によって原因は異なります。そのため、患者様ひとりひとりの症状の原因を評価し、根治を目指してそれぞれにあったリハビリを患者様が解り易いように説明した上で提供いたします。必要に応じて、テーピングの指導などもさせていただきます。
運動療法
 運動療法とは、その名の通り運動すること、つまり身体を動かすことを治療法として用いることです。ストレッチやエクササイズなどがこれにあたります。

 筋肉や骨はそれぞれが役割を持ち、動く、支えるといった2つの役割に分けることが出来ます。運動療法により、動く役割を持った部分には関節の動きを大きくし、筋肉を柔らかくし、支える役割を持っている部分には支えるための筋肉の活動を促していきます。運動として反復することにより身体に動きの『癖』を筋肉や骨だけでなく神経にも再学習させる事が必要になります。

 運動療法を生活に取り入れることにより、良い『癖』を付けることで姿勢や動作の改善が図れます。

 良い姿勢・動作は関節の負担を減らし、痛みやしびれなど症状の軽減につながります。さらに、スポーツのパフォーマンス向上にもつながります。

 良い姿勢についてはこちらをご覧ください

姿勢について
インソール療法
当院では、理学療法士が動作を観て、あなたに合ったインソールの作成を行っております。

〈対象〉
  • 膝や腰が痛くて満足に歩けない
  • 階段の上り下りが辛くなる
  • 動いていると重だるくなってしまう
  • 捻挫を繰り返してしまう
  • O脚やX脚が気になっている
  • パンプスやヒールが痛くて履けない

足の形に合わせるインソールではなく、動きを改善させるインソールになります。

インソールは効率の良い歩行になるように作成します。

詳しくはこちらをご覧ください↓↓

インソールについて
物理療法
当院では最新の医療機器を導入し、リハビリの補助として骨折の治癒促進、痛み・痺れの治癒の促進を図ります。

物理療法について
訪問リハビリ
当院の整形外科を担当している理学療法士がご自宅に訪問し、痛みや身体機能の改善を図るだけではなく、日常生活動作の機能維持・向上を実際の生活環境で行うリハビリテーションです。
またご家族の方に適切な介助方法や住宅環境のアドバイス、福祉用具の紹介なども行います。
地域活動

訪問リハビリテーション内容
・筋力強化や関節可動域の拡大
・寝返り、立ち上がりなど身体能力の維持・改善
・入浴やトイレ、更衣など日常生活動作の練習
・屋内・屋外の歩行訓練
・車いすなどの福祉用具、手すりや段差など住環境設備へのアドバイス
・趣味や社会参加促進のための助言
・ご家族の方へ介助方法のアドバイスやご相談

介護保険の認定を受けている方が対象となります。
訪問リハビリについて
初めて受診される方へ
西調布整形外科〒182-0035東京都調布市上石原2-33-2 NKビル3FTEL:042-444-7133